人の事情による賃貸契約問題は家賃保証会社で解決する可能性がある

SITEMAP

小さな家とお金

家賃保証を専門会社に委託すれば空き部屋化の解消に

ペーパークラフトの家

賃貸借契約において、契約審査は契約希望者の収入面だけでなく、万が一の家賃保証といったリスクを考慮する必要があります。家賃保証を保証会社を利用することは、借主側にメリットがあるように思いがちですが、貸主側にも大きなメリットがあり、家賃の問題だけでなく、慢性的な空室化を避けることもできます。
契約審査の際、収入が安定していても保証人に不安がある、外国人で躊躇するといったことがあります。しかし、家賃保証は年齢や国籍、勤務先で判断されることなく利用することができます。保証料という対価を得ることで保証を請け負うことになります。結果、これまで外国人だからというだけの理由で契約を断り続けていた結果、長期に家賃収入を得られない空室になっていたなら家賃収入を得られるようにできます。同様に若い社会人というだけで審査落ちさせていたのも解消でき、直ぐにでも入居者を募ることができます。
さらに、保証人と保証会社を組み合わせることで保証料を抑えられるといったメリットもあります。保証人の都合で成約できないケースがある物件なら保証会社を利用して、保証人に対するリスクも軽減してみてはいかがでしょうか?賃貸借契物件の条件に保証人や連帯保証人が必要という記載があるだけでも、実際には契約を避けるのが実態です。

Post List

TOP