人の事情による賃貸契約問題は家賃保証会社で解決する可能性がある

SITEMAP

小さな家とお金

両親が高齢で兄弟姉妹がないなら家賃保証を利用しよう

スーツの男性

一人暮らしの社会人、結婚して家族がいる人で賃貸借契約を行う際、保証人の問題に直面します。しかし、両親が高齢な上、兄弟姉妹がいない場合には保証人として認められないケースもあります。特に年金生活の両親という場合、家賃を代わりに支払う能力が乏しくなります。そこで、家賃保証は保証会社を利用しましょう。
家賃保証を保証会社に委託すれば、高齢の両親に負担をかけることがありません。例え、兄弟姉妹がおり、保証人になれるほどの経済能力があった場合でも、万が一の際には生活崩壊させることもありません。毎月、家賃に対する一定割合を保証料として支払うだけで済みます。収入が高く、生活に余裕があれば賃貸料の高い物件でも、契約不可となることもなく、経済的な余力の中から家賃保証を受けるための保証料を払うだけで済みます。
また、保証会社によっては、月額で保証料を収めるものから、入居時に家賃1ヶ月分や一定割合分、年間で2~3万円など、長期契約の際には保証料が抑えられるものもあります。保証人を頼める人がいない、保証人は家族や親族以外を認めていないという不動産会社であれば、家賃保証を保証会社に依頼しましょう。規模の大きな会社なら不動産会社やオーナーも安心が得られます。

Post List

TOP