人の事情による賃貸契約問題は家賃保証会社で解決する可能性がある

SITEMAP

小さな家とお金

家賃保証を利用すると入居手続きがスムーズになる

積み木の家

賃貸借契約を自身で行った経験がある方は、物件の賃借申し込みから契約締結までの手続きの苦労を経験していると思います。賃貸借契約では、保証人や連帯保証人が必要となり頼める人がいない、地元を離れており書類の郵送に時間を要するなどの問題もあります。しかし、保証会社を利用して家賃保証を受けることで、契約手続きをスムーズにできます。
保証人や連帯保証人が必要になる場合、契約書に自署の署名捺印が必要なだけでなく、印鑑証明も必要になります。そのため、地元が遠く離れた地域という場合、書類に郵送と返送、そして必要証明書の入手までに時間を要してしまいます。特に社会人で社員寮が年齢制限で退寮する必要があるという際には、手続きの煩雑化は大きな問題になります。
しかし、家賃保証を利用すれば時間的な問題が解決できます。保証会社に申し込みを行い、審査を受けることになるものの、1営業日や2営業日で結果が分かります。最近では、賃貸借契約を行う際に保証人を付けるか、家賃保証を保証会社に依頼するかが選択できるようにもなっています。入居手続きがスムーズになることで、賃貸借契約で伴い精神的な負担も軽減されるようになります。また、法人での利用もできる上、保証人を頼める人がいない社員が住宅確保を行う際にも、自社と保証会社でサポートできます。

Post List

TOP