人の事情による賃貸契約問題は家賃保証会社で解決する可能性がある

SITEMAP

小さな家とお金

家賃保証を利用すれば高齢者も賃貸借契約が可能に

お金と赤い屋根の家

年齢が若く、収入も安定して将来的にも安定が見込める方なら、賃貸借契約を行う際には、特段心配する必要もありません。親兄弟や親族も健在なら保証人に悩まされることもありません。しかし、高齢者の中には親や兄弟、親族もいない天涯孤独な人も存在します。このような状況の方でも保証会社を利用して家賃保証を受ければ、賃貸借契約を締結できます。
高齢者といっても、現役時代はサラリーマンとして働き、退職後には厚生年金を受け取っているなら新社会人と変わらない収入となっていることもあります。また、家賃保証は毎月支払うものだけでなく、契約時に一定額を支払うだけのものや、契約更新の際に支払うだけのものなど様々です。高齢者であっても保証料を支払うことができれば、家賃保証が受けられ年齢や収入で契約を断られることもありません。
万が一、病気で入院してしまい支払いが滞った際でも、保証会社がオーナーへ支払いを行ってくれます。また、高齢者の場合、入居中に亡くなられた場合でも家賃だけでなく、残置物処理費用や原状復帰費用などの保証も受けられ、オーナーへ支払いを行ってくれます。天涯孤独といっても遠い親族に対して費用請求されてしまうこともあり、住居確保と万が一のリスク軽減にも家賃保証は有効です。

Post List

TOP